Alfred Meakin(アルフレッドミーキン)の器たち。

2018.05.26 小物, 英国アンティーク, 英国ヴィンテージ, 陶器, 雑貨

 

みなさま、こんばんは。
今日は運動会の小学校とかも多かったようですね。
最近は秋でも暑いからか、春に開催される小学校も多いとか。
季節も良く、運動会日和だったでしょうね。

さて、本日は先日ご紹介しました、J&G MEAKIN(ジェイアンドジーミーキン)の兄弟会社、
Alfred Meakin(アルフレッドミーキン)の器各種をご紹介です。

Alfred Meakin社は1875年にジェームス・ミーキンとジョージ・ミーキンの2人の兄弟が創業。
アール・デコ風のテーブルウェアやタイルなど制作し、アメリカの輸出向けに制作された陶磁器は、
当時高い人気を誇り、事業が拡大。トイレ用の陶器や台所の流し台など、生活用品の制作も行っていた
時期もあるようです。
しかしながら、J&G Meakinの兄弟会社ですので、同じく1970年にはWedgwoodグループの傘下に入り、
現在は製造されておりません。

今回のこちらもアール・デコの特徴である直線を放射状にデザインされていますね。

_MG_0019

初春を感じさせる若草色が綺麗です。

_MG_0031

クロスや直線がランダムな配分で絶妙なバランス。

_MG_0024

こちらはカップ&ソーサーとケーキプレートのトリオセットと、少し大きめのお皿。

_MG_0026

ドレッシングやお肉のソースなど入れていただけるソースピッチャー。受け皿とセットです。

_MG_0027

こちらは朝食にヨーグルトとフルーツのソースなんかを入れてはいかがでしょうか。朝の時間が楽しみですね。
こちらもセットで販売させていただきます。

同じパターンで、お色違いもございます。
こちらはブルーが主のベースですね。ちょっとクールな印象。

_MG_0028
こちらのお色目は現在プレート各種のみとなっております。
グリーンのタイプと少し直線のデザインが波打ってデザインされていて、微妙に違いを出されています。

_MG_0030

ぜひ併せてご覧いただきたいです。
ご来店お待ち申し上げております。

 

 

Share on Facebook

お問い合わせはこちら