山田浩之 ぐい呑ご紹介

2018.01.22 英国家具

天気予報通り、今週より寒さがぶり返してきましたね。
関西でも北のほうですと雪など降りそうですね。
足元お気をつけてお過ごしくださいね。

さて、本日は山田浩之さんのぐい呑のご紹介です。

こちらは信楽の土でなく、丹波篠山の土を使って作られています。
そして薪の窯で焼かれたものです。
焼き具合に薪ならではの色むら感が出て、また一風違う風合いが出ていますね。

IMG_0036

そして、よくよく見ていただくとお分かりですよね。

ぎゅっと押された模様は、何と、電化製品などの部品のパーツで型押しされています!

 

IMG_0044

こちらはざらっとした質感で、より渋みがあります。足のような高台。

IMG_0045

IMG_0037 IMG_0038 IMG_0039 IMG_0040

IMG_0043
サイズ:最大直径 5.3cm 高さ6cm
本体価格:7,000円

IMG_0055

USBの型押しがポイントです。

IMG_0054

 

IMG_0049 IMG_0048 IMG_0047 IMG_0046

IMG_0050
サイズ:最大直径 4cm 高さ6.5cm
本体価格:7,000円

IMG_0063

こちらもマットな質感。下膨れな感じがキュートです。

IMG_0059IMG_0058 IMG_0057 IMG_0056

 

IMG_0062
サイズ:最大直径 4.3cm 高さ6cm
本体価格:7,000円

 

IMG_0070

こちらは中国茶にあるような香効きを楽しむ器をイメージされたとか。

IMG_0067 IMG_0066 IMG_0065 IMG_0064

IMG_0069
サイズ:最大直径 3.5cm 高さ6.5cm
本体価格:7,000円

どこかで見たパーツですよね^^
電化製品のパーツを使おうなんて、あまり思いつかなくアーティストならではの発想ではないでしょうか。

いずれのぐい呑も山田さんのサインが型押しされています。

日常にアートを取り入れてみてくださいね。

 

 

Share on Facebook

お問い合わせはこちら