イギリスヴィンテージ ルームディバイダー

2021.10.23 キャビネット, 新入荷, 英国ヴィンテージ, 英国家具

こんにちは。

なかなか館内イベントの開催も見送られていた2021年ですが、久しぶりのポイントアップがいよいよ10月最終週に開催されます。
詳しくはこちら

 

5PUC

5倍ポイントは5%分のポイントが貯まります。
大きな金額の商品をお買い上げの際には、大変お得。

ぜひ、この機会にご利用ください。

本日のご紹介はこちら。
イギリス製ルームディバイダー(お部屋の間仕切り)です。
_MG_0149

9月には立て続けに間仕切り家具が売れていきました。
融通が利くアイテムは重宝します。
喜ばしいのは、こちらの奥行き。

上段の奥行きは23cm。非常にコンパクトですが、ボトム部分に重量があるので、安定感もあります。
_MG_0150

上の棚部分には、ガラス扉が付属します。
外した状態で撮影していますが、このようにオープンでご利用いただくことも可能です。
_MG_0151

中央にいは、引き落とし扉が付属します。
中にはガラス板が1枚付属。
左側には背の高いボトルなども収納できるように、ガラス板の奥行きを違えて曲線に。
美しいデザインです。
_MG_0152

こちらの棚板も取り外すことは可能。
本の収納もいただけます。
_MG_0153

下段はこのような仕切りに。
下段の奥行きは35cmですので、A4サイズも収納いただけます。
店頭ではカタログを収納していますが、意外に入ります。
_MG_0155

イギリスのメーカーマークも現存。
_MG_0157

扉蝶番は、現代のデザインに近いパーツを使用されています。
それでも、扉側はプラスチックカバーというのが時代を反映していて面白いです。
_MG_0159

正面からでは分かりにくいのですが、こちらは天板に向かって奥行きが増している珍しいデザイン。
それぞれの取っ手部分もチークのむくが使用されており、非常にエレガント。
脚部も付属しないどっしりとした家具ではありますが、華奢に見せてくれているのは、細部のデザインなのでしょう。
_MG_0161

北欧の影響を色濃く受けられているハンドル。しっかりと摘む事は出来ます。
_MG_0162

観音開き扉にも、扉小口と一体化になった曲線の取っ手。
_MG_0163

引き落とし扉の蝶番は、このようにロング蝶番が使用されています。
_MG_0164

 

 

側面から見ても美しいのは、チーク材の杢目。
高さ169cmですが、それほどの木をスライスして突き板に。

_MG_0166

 

 

 

引き落とし扉部分は、このように簡易デスクとしてもご利用になれます。
高さは64cm。
元々この部分は、内側のガラス板の形状からも推測しますと、ドリンクキャビネットの役割を担っているようです。

_MG_0169

 

金物を見るのも、ヴィンテージの楽しみです。
現代には無い真鍮使いのものや、デザイン、形状。
そして、修復なく現在もまだご利用になれる点も素晴らしく感動します。

_MG_0170

間仕切り家具ですから、背板もこの通り。

_MG_0171

左側面の杢目はおとなしい柾目の利用です。

_MG_0174

ガラス扉付属時。
飾られるものは、このように埃除けにも。
ガラス扉が部分的に使用された家具も、ヴィンテージ家具の中では人気です。
_MG_0176

壁付けにして書棚としてのご利用にも便利です。
空間の間仕切りにぴったりな家具。
ただいま、店頭にはこちら1台のみです。
_MG_0177

ヴィンテージ ルームディバイダー
幅 107  奥行き35 (23)高さ169(64)cm
税込価格:165,000円

_MG_0148

Share on Facebook

お問い合わせはこちら