イギリス コーナーシェルフ

2021.10.02 新入荷, 英国ヴィンテージ, 英国家具

こんにちは。

10月の始まりと共に、「今年もあと3ヶ月か・・・」という謎のプレッシャーに苛まれます。。。
店舗の年中行事だと、そろそろ福袋を用意する季節。

また、翌月からのクリスマス展開に戸惑いを隠せません。
半袖を着ているのに???
サンタクロースは来月???

お正月のセールのアンケートもそろそろですね。

12月にはプレセールも始まりますし、どうぞお楽しみに。

さて、新着便からご紹介。
本日はコーナーキャビネット。

_MG_0270

お部屋のデッドスペースを有効活用!というフレーズがぴったりな薄型コーナーシェルフです。

_MG_0246

扇型の天板。アールの扉。
全てにおいて、曲線が用いられ、まあるく柔らかな印象です◉
_MG_0247

扉の内側も扇型。
何を収納するの?と質問がありそうですが、間違いなくボトル収納は可能です。
ビール瓶、缶、はたまた災害時のお水のストックなどいかがでしょうか?
_MG_0248

扉の曲線の秘密。
このように、数枚の板が重ねられ、一気にプレス。
それによって曲げ木のように曲線に仕上がります。
_MG_0249

また、取っ手部分は、このように曲げ木加工の部分をくり抜き、はめ込み、設置されています。
外れないのも素晴らしい。
_MG_0250

美しいのでもう一枚。
_MG_0251

表面は、化粧合板のような仕上げですが、1950年代のようにも、1970年代のようにも見えます。
_MG_0252

最上段には、天板にガラス板が設置されているという特別感。
ガラスと言えばグラスを並べる、という解釈もありますが、
オープンスペースですし、落下の懸念もありますので、もちろん割れ物でないものを飾られると良いかと思います。
_MG_0253

反りの関係もあって、手前部分は一部ガラスの方がフレームよりも上になっています。
_MG_0256

他の棚板はこのように。
_MG_0254

両側面はコーナーへの配置でしたら、隠れることが前提ですが、
化粧仕上げ、までではありませんが、遜色ない仕上げです。
_MG_0257 _MG_0260

そして、扉内に何を収納するのか問題。
本でしたら、このように収納いただけます。
奥行きと角度を知恵と工夫でなんとか、9冊程度は収まりました。
もちろん、上部に重ねて収納いただいても良いでしょう。
_MG_0262

 

お子様の作品展示コーナーとして、ご自身のコレクションケースとして。
リビングに設置して、季節のしつらえを行なっても良さそうですね。
和室にも合いそうです。

_MG_0265

イギリス ヴィンテージコーナーシェルフ
幅57 奥行40 高さ178 cm
税込価格:55,000円

Share on Facebook

お問い合わせはこちら