イギリス ヴィンテージ サイドボード

2021.09.20 サイドボード, 新入荷, 英国ヴィンテージ

こんにちは。

イギリス便が到着して、早くも1ヶ月が過ぎようとしています。

店頭には、続々と新着便が。

サイドボード、ガラスキャビネット、ネストテーブルなど、コンパクトで使い易いアイテムが盛りだくさん。
まだまだ緊急事態宣言中の大阪ですが、平日などは特にゆったりしていますので
お気をつけてご来店くださいませ。

ハービスエントでは、現代アートを借りることができるイベントを開催中。

 

「借りるアート展inハービス」 

ハービスの会場で展示している絵画から、お気に入りの1枚をその場で無料レンタルすることができます!
ぜひ、ご覧くださいませ。

また、弊社が運営している「ヴィンテージ家具のレンタルビジネス」。
「借りる」というキーワードの共通点から、フライヤーを設置いただいています。

 

ヴィンテージ家具のレンタルに関しましては、
個人のお客様も、法人のお客様も対応していますので、ぜひご相談ください。

本日のご紹介はこちら。

_MG_0018

小型のサイドボード。
120cm台が入荷しています。
コンパクトなサイズは久しぶりの入荷。
_MG_0022

どことなく和の雰囲気を感じるのは、取手部分の形状でしょうか。
戸襖を思い出させるような丸いハンドル。
引き戸のデザインは、家具の前にスペースを必要としないため、スペースの有効活用にも。
_MG_0023

棚板1枚が付属していますので、収納時に便利です。
_MG_0024

棚板は固定。
取り外すことも稼働も出来かねます。
_MG_0025

真鍮プレートのような加工でして、表面は一部剥がれている箇所も見られます。
_MG_0026

指が引っかかりし易い深さにくぼんでいます。
_MG_0027

引き出しは深さもあります。背の高いものの収納にも適しています。
底板はベニヤ仕上げ。
_MG_0028

1段目は、底板にビニールシートが貼られています。
カトラリーなどを仕分けするのに重宝しますね。
_MG_0029

 

 

脚部先端や、取手デザインには真鍮が使用され、チーク材とのコントラストも見事です。

_MG_0030

脚部の材質は、ブナ材でしょうか?

細く見えますが、中身が入るとかなり重量はかさましに。
それでも、本体を支えてくれるような強靭な足を求めます。
_MG_0032

天板は、最終の仕上げで表面を軽く研磨し、着色のオイルで磨きます。

_MG_0036

側面の杢目も大きく綺麗なチーク材。
中心でシンメトリーになっています。
_MG_0038

こちらのサイドボード、奥行きも39cmとコンパクト。
出幅を気にせずご利用になれます。
_MG_0040

引き出し部分の継や側面の板に、桟の彫り込みもなされています。
開閉もスムーズ。
側面から見ると、取手の無垢材の厚みを感じます。
_MG_0041

製造されて、すでに50年以上の経過が経っていることが伺えますが、
大きなダメージが見られないのは、丁寧に仕上げられていることの証でもあります。
_MG_0044

背板は、化粧されていませんが、それでも大きなダメージなどはなく、
綺麗な状態です。
_MG_0045

チェスト感覚でご利用になれるサイドボード。
アーコールのイージーチェアと合わせても良いバランスです。
全体的に感じるレトロな雰囲気が、お部屋のテイストを変えてくれます。
_MG_0020

ヴィンテージ サイドボード
幅124  奥行き39  高さ77.5  cm

税込価格:176,000円

Share on Facebook

お問い合わせはこちら