G-PLAN フレスコ ロングサイドボード

2020.04.27 G-PLAN

【4月8日(水)より臨時休業致します】
政府の緊急事態宣言の発令を受け、4月8日〜5月6日まで休業致します。

こんにちは。

本日のご紹介は、当店でも人気のアイテム、G-PLAN フレスコ ロングサイドボード。

ホームページにも掲載中ですので、ご参考下さい。

IMG_8389
店頭にあるサイドボードの中でも最長。
幅213cmのロングサイズ。

見事なシンメトリーなデザインは、曲線の美しい脚部を強調し、このプロポーションに一目惚れされる方も多々。

IMG_8391

今回入荷のサイドボードは、全体的には使用感も見られずコンディションは良好!
珍しのが、左右の扉の框組部分の使用色が異なります。

向かって右側は扉の枠組みが濃い材を使用しています。
色の違いを気にされる方には不向きですが、それぞれの個性と捉えていただければ、愛着湧く家具になるかと思います。
IMG_8392

収納力は申し分無く、左右の扉には、それぞれ奥行きの異なる棚板が付属します。
右側には奥行きの浅い棚板が付属し、左扉内には奥行きが深い棚板。
浅い方は、手前に背の高いボトルなどの収納を考えて、敢えて浅く仕上げられているのでしょう。
当時は、リビングに設置するドリンクキャビネットの役割も担っているためだと想像出来ます。

IMG_8393

こちらが右側野内部です。
グラスなど、奥行きの必要のない器を棚上に配置出来ます。

IMG_8396

可動、取外しも可能。
食器類に限らず、書類等、背の高いものを収納いただく際には、外した方が効率的です。
IMG_8399

 

 

棚板にも、輪シミなどは見られず、綺麗な状態。

IMG_8400

このような、オリジナルの棚受けが付属します。
プラスチックで出来ていて、しっかりとはめ込む事が出来ます。
一度はめ込むと、時には外れにくくなりますが、その際にはペンチなどを使用して平行に抜くと取り外す事は出来ます。

IMG_8401 IMG_8402

左側の扉内。
こちらの棚板は、奥行きがしっかりとあります。
お皿等直径があるものの収納に適しています。
右側同様、棚板位置調整、取外しも可能です。

IMG_8409

こちらの棚板も同様に使用感は少なく綺麗な状態ですね。
IMG_8410

G-PLANの収納家具を接客の際、説明するポイントですが、
蝶番での固定ではなく、本体とはピンのようなもので上下さし込まれて固定されています。
それ故、開閉時の負担が少なく、蝶番外れなどのような修理が必要無い仕様になっています。
IMG_8405
また、それだけではなく、2〜3cmほど扉の出幅が収まります。
少しのことですが、収納家具の前にテーブルや、導線を確保の場合、奥行きを気にされる事が多い日本の住宅事情。
本体の奥行きは45cmありますが、扉開閉により、通常の端から蝶番固定の扉と比較した場合に、この2〜3cmほど収まる点は意外にポイントが高いのではないでしょうか?

中央には、引き出しが4段。
いずれもスムーズに開閉出来ます。

引き出しフロント部分には、ハンドル部分がアクセントになります。

IMG_8413

G-PLANの黄金期ともいわれる「フレスコシリーズ」。
1970年代に発表された同シリーズは、貝のようなハンドルが特徴的。
ブランド名にもある、「部屋をプランニングする」という意のモジュール計画の先駆けのコンセプトのなか、こちらのハンドルで統一された部屋は圧巻です。

1段目の引き出しは、カトラリーの収納を意識されているのか仕切りが付属し、底板にはフェルト養生の仕上げです。

IMG_8419

こちらのフェルト養生も、当時のオリジナルそのままではありますが、ほとんどダメージは見られません。
画像の向かって右側部分に、一部黒く擦れ跡のような箇所が見られます。
IMG_8420

それぞれの仕切り板は取外し可能。
カトラリー以外に、文房具や良く使用する細かなものの収納には便利ですね。

IMG_8422

また、G-PLANの上段引き出しの特性としまして、簡易ストッパーが付属します。
こちらが、引き出しの奥の底板に引っかかる事によって、落下が防げるという仕組み。
シンプルで簡単ではありますが、あるのと無いのとでは安心感が違いますね。

IMG_8423

引き出しの桟も割れ欠け補修跡なく、良い状態です。
IMG_8424

 
引き出し2段目にもやや擦れ跡が見えますが、サンディングにより、少し目立たなくした上での出荷です。

IMG_8414 IMG_8415

他2段は底板にも目立つ汚れなどは見られません。
IMG_8418

部屋の寸法に余裕があり、設置可能でしたら間違いなく最もお勧めするサイドボード。
213cmの寸法に驚かれますが、むしろこのくらいのサイズ感なので、このような完璧なまでのシンメトリーなデザインに仕上がるのでしょうね。
脚部はチークの無垢材で、ゆるやかなアーチが素晴らしい。

IMG_8426

天板の状態です。
画像に写りきらない細かな引っ掻きキズは、経年によるものとご理解お願い致します。
IMG_8430

チーク材は、杢目の大きな美しい材です。
経年により、杢目の色合いはどんどん深く濃くなります。
オイルを含ませた布で定期的に磨く事により、味わいが増します。

IMG_8432

背板もキズや汚れ、落書きもなく、良い仕上げです。
IMG_8433

G-PLANのグーム社のシールがそのまま残っています。
1977年10月28日の製造のようですね。

IMG_8434

ヴィンテージ商品につきまして、箱物は古い匂いが残っているものもございます。
ややカビ臭いものから、あまり気にならない程度のものまであり、水拭きや表面のサンディングでは取りきれないのも実情です。(こちらは、特に気になるほどではありませんが、かなり個人差があるため、神経質な方はご遠慮下さい)

※こちらは解体の出来ない大型商品になります。
集合住宅の場合は、エレベーターの間口高さ、中の天井高、奥行きを計測下さい。
また、玄関〜廊下、設置場所までのそれぞれの間口、高さなどのご確認をお願い致します。

G-PLAN フレスコ ロングサイドボード
幅 213 奥行き45 高さ80 cm
本体価格:230,000円

Share on Facebook

お問い合わせはこちら